西本願寺 日曜講演

FDCE052B-0BEB-4926-9EA4-3E3594EB03F1注意:
台風の影響により、橋本麻里氏の講演が中止となる場合がございます。

西本願寺 日曜講演
「《佐竹本三十六歌仙絵》に秘められた物語と料紙装飾の美」

橋本麻里 師
数奇な運命により上下2巻の絵巻から37点に分割された歌仙絵の最高峰《佐竹本三十六歌仙絵》。 本年、分割されてからちょうど100年を迎えます。これを機に、展覧会としては過去最大の規模で、離れ離れになった歌仙絵の31件が、京都国立博物館の特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」開催(10/12~11/24)にて”令和の再会”を果たします。
本展覧会応援サポーターでもある講師が、その秘められたドラマティックな歴史を紐解くと共に、本願寺から出展される国宝《三十六人家集》を手がかりに、料紙装飾の美に迫ります。

日時 2019(令和元)年10月13日(日)
講演:午前10時15分より(開場10:00、13:30解散予定)
会場:本願寺総会所(聞法会館1階)
申込み:予約不要・参加無料
講師:ライター、エディター・永青文庫副館長 橋本 麻里 師
講題 :《佐竹本三十六歌仙絵》に秘められた物語と料紙装飾の美

会場にて「かみ添」による唐紙作成の実演を行い、オリジナル唐紙製品の販売もいたします。

講演後、「御菓子丸」の特製菓子付きお茶席と書院・飛雲閣特別拝観【定員30名】を開催いたします。
茶席申込方法
当日、総会所前に受付デスクを設け、開場前9:45より30分間受け付けます。
その場で申込用紙をお渡ししますので、〔代表者氏名・人数〕をお書きいただき、1名1,500円〔御菓子代込〕の参加費を添えてお申込みください。引き換えに参加証をお渡しします。定員に達しなかった場合は、講演終了後も追加にて受け付けいたします。

コメントはまだありません

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

苔庭

表具の職人と現場に入ったり、展覧会を見に行ったりし仕立て方に関してあーでもない、こーでもないと
話をする機会が多く大変刺激を受けます。特に紙の扱いに関して話をするとさすが表具師と関心します。ベースは雲母引地。フワフワした毛並みは「紙の繊維」です。「食裂き」です。一目みたら触らずにはいられません。良く似た素材はたくさんありますが「紙の毛」です。紙は丁寧に扱うとそれ以上のものを返してくれます。東福寺の苔の市松が見える部屋にこの仕上げの襖が入ったら面白いだろうな、、、。と考えずにはいられません

profile

嘉戸浩
1998年京都嵯峨美術短期大学専攻科プロダクトデザイン学科卒業
2001年サンフランシスコ私立アカデミー総合芸術大学 グラフィックデザイン科卒業
卒業後ニューヨークへ移り、雑誌社でインターンシップ、アートプロダクションを経験すると同時に、
幾つかのデザイン事務所でフリーランスデザイナーとして活動。
帰国後、唐紙の老舗工房に入る。
2009年独立、同年9月ショップ兼工房「かみ添」を職人の街京都西陣にオープン。 

Ko Kado

1998 Graduated from Saga Art University, Kyoto
Majored in Product Design
2001 Graduated from Academy of Art University, SF
Majored in Graphic Design
Moved to New York start my carrer as Graphic designer.
After coming back to Kyoto, I became craftsman of woodblock print that is basic technic of printing.
After training for 5 years, I started my own studio.

I make papers for interior use such as Fusuma (sliding doors) wallpapers.
I also make papers for stationery such as letters, envelopes and postcards.