かみ添の仕事

img_8086WORK for ARTIST
・Sandwich(新勝寺ミュージアムグッズ 広島 2016)
・softpad(物質性 – 非物質性 DDD gallery 京都 2016)
・Nadine Ribault(chef-d’œuvre 大阪 2014)
・Nadine Ribault(LIBRAIRIE 東京 2014)
・鹿児島睦(図案展 2013)
・ミヤケマイ(ポーラミュージアム アネックス 2013)
・Marie-Ange Guilleminot(Sevres 2013)
・ミヤケマイ(アクアイグニス 2012)
・須田悦弘(Take Action Charity Gala 2011)

WORK for ARCHITECT
・U.D.S(Hotel Kanra 京都 2016)
・中村好文(ギャラリー柳瀬 京都 2016)
・六角屋(糸井重里事務所 東京 2016)
・Geoffrey P. Moussas(K邸 京都 2016)
・L.V.M計画(K邸 愛知県 2016)
・三角屋(北大路の数寄屋 京都 2015)
・OakVillage(祇園さかい 京都 2015)
・Design Studio GLAM(Leffervescence 東京 2015)
・妹島和世(take action charity gala 2014)
・山田信彦建築設計事務所(T邸 福岡 2014)
・三角屋(気仙沼ニッティングファクトリー 宮城 2014)
・三角屋(tobichi 東京 2014)
・TOU YIU KWONG(T邸 京都 2014)
・辻村久信(T邸 京都 2014)
・辻村久信(CACAO365 京都 2014)
・fhams(東山sodo 2013)
・A.N.D(鶴屋吉信 COREDO室町 2013)
・森田一弥(松原の町屋 京都 2013)
・fhams(bHAN EAST 韓国 2012)
・fhams(祇園葵 京都 2012)
・内藤廣(entrance lounge 京都造形芸術大学 2012)
・金野千恵(向陽ロッジハウス 神奈川 2012)
・馬場徹(茂庵 新潟 2012)
・藤井香織(wa・lance 東京 2012)
・赤坂知也(AQUAxIGNIS 三重 2012)
・柳沢究(紫野の町屋 京都 2012)
・長坂大(山家 京都 2011)

WORK for GRAPHIC
・groovisions(三三屋オリジナルポチ袋 2016)
・smb et smb(sen 日本酒ラベル 2016)
・西岡ペンシル(銀座資生堂オリジナルホリデーカード 2015)
・Veronica Halim(オリジナルステイショナリー 2015)
・pure magenta(Anaak 2016)
・永井裕明(図工展 @ DDD gallery 京都 2015)
・永井裕明(図工展 @ GGG gallery 東京 2014)
・三木建(加加阿365 京都 2014)
・西岡ペンシル(ニュー文様展 @ gallery speak for 東京 2014)
・山口博信(Takeo Desk Daiary 2013)
・八木保(Graphic Eye special edition 2012)
・squeeze(take action charity gala 2011)

WORK for FASHION
・CHANEL(invitation 2016)
・Anaak(invitation 2016)
・BlackCrane(greeting card 2016)
・MARNI(envelope 2015)
・On Aura Tout Vu(invitation 2011)

LECTURE/WORKSHOP
・京の唐紙とむかえるお正月(平和市民公園能楽堂 大分 2016)
・染め司よしおか(京都西陣産業創造会館 2016)
・Satomi Kawakita Jewery (京都嵯峨芸術大学 2016)
・かみ添の仕事 (京都嵯峨芸術大学 2016)
・デザインと文化(名古屋芸術大学 2015)
・木版ワークショップ(旧出合小学校 徳島県 2015)
・可能性の空間(京都精華大学 2014)
・文様にみる写しの文化(Art Lab Ocean 2013)
・和の価値・紙文化・デザイン(日本紙アカデミー 2011)
・日本文化のかたちを考える(ミームデザイン学校 東京 2011)
・日私小連 全国教員夏季研修会(2011)
・デザイン基礎(京都嵯峨芸術大学 2011)
・建築材料演習(京都精華大学 2011)
・添う―紙と暮らしとデザインと(星ヶ丘洋裁学校 大阪 2010)
・伝統工芸演習(京都工芸繊維大学 2010~2016)

EXIBITION/EVENTS
・伝統の未来(日本デザインコミッティ 2016)
・永松仁美の楽しき愛しきお誂え(梅田阪急ギャラリー 2016)
・中田英寿が出会った日本工芸(パナソニック東京汐留ビル 2016)
・伊藤まさこのお正月支度(にっぽんフォルム 東京 2015)
・D design travel 京都展(渋谷ヒカリエ 2015)
・永松仁美の楽しき愛しきお誂え(梅田阪急ギャラリー 2015)
・伊藤まさこの白いもの(秋篠の森 奈良 2015)
・一点展(資生堂THE GINZA 東京2014)
・鹿児島睦の図案展(doinel 東京 2013)
・伊藤まさこの仕事展(gallery yamahon 三重 2013)
・Marie-Ange Guilleminot(Sèvres – Cité de la céramique Paris 2013)
・かみ添展(銀座三越ギャラリー 東京 2012)
・ワキ – モノ(祇園ない藤 青山ディーズホール 東京 2012)
・Mason&Objet Asian talent(Paris 2012)
・光象展(国際奈良学セミナーハウス 2012~2016)
・DESIGNEAST02(大阪 2012)
・中田英寿 現代工芸と出会う 陶と和紙(茨城県工芸美術館 2012)
・Future Tradition WAO(Les Arts Décoratifs Paris 2012)
・春の和モダン & クラフト(日本橋三越伊勢丹 2012)
・Take Action Charity Gala(リッツカールトン 大阪 2011)
・casa Arcade(CIBONE青山 東京 2011)
・日本文化のかたちを考える展(青山ブックセンター 東京 2011)
・ID-company & Washiya Presentano(ATELIER LUCIEN TOURTOULOU Milano 2011)
・NAMBAN incidence(妙心寺 春光院 京都 2010)

EXHIBITION @ KAMISOE
・片桐功敦(桜の挿花展 2016)
・片桐功敦(いけばな小品展 2015)
・Adam Silverman and 叢(プラントとポットの物語 2014)
・Marie-Ange Guilleminot(Nuit Blanche 2014)
・尹煕倉(四角の話 2011)

SHOP/RESTRAINT
・鶴屋吉信(京都高島屋店 2016)
・清水三年坂美術館コレクション(ジェイアール京都伊勢丹 美術館 2016)
・The Yard(東京 2015)
・salon and associates(兵庫 2015)
・黒杉(大阪 2015)
・みくり(京都 2015)
・Aoi Kyoto Stay Hotel (京都 2015)
・このみ園(福岡 2014)
・鶴屋吉信(東京 2014)
・一澤信三郎帆布(京都 2014)
・Kajitsu(NewYork 2013)
・万年青(京都 2013)
・calligrane(Paris 2013)
・土楽窯(三重 2012)
・Papier Labo(東京 2012)
・tortoise (LosAnges 2012)
・kiki (Stockholm 2012)
・Azen(NewYork 2012)
・京天神 野口(京都 2011)
・炭火割烹 いふき(京都 2011)
・Iwata(京都 2011)
・鮎の宿 つたや(京都 2011)

MUSEUM  GOODS
・新勝寺ミュージアム(sandwich 2016)
・京都国立博物館ミュージアムショップ(匠文化機構 2016)
・国立新美術館 SFT(doinel 2014)
・MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド 2014)

MEDIA
・美しき日本に出会う旅(BS-TBS 2016)
・revalue nippon project(東京新聞 2016)
・anan(マガジンハウス表紙 2016)
・中谷美紀の京ものがたり(朝日新聞 2016)
・京都の道具箱(美術手帖 2015)
・Art Grid Kyoto(2015)
・京菓子で巡る都の春(家庭画報 2015)
・美の壺(NHK 2015)
・手のひらのデザイン(京都造形芸術大学 2014)
・プラントとポットの物語(京都新聞 2014)
・日本料理 銀座小十(世界文化社 2014)
・伝統の街に活気(京都新聞 2014)
・ほぼ日手帳(日々の言葉 2013)
・ほぼ日刊イトイ新聞(伊藤まさこの白いもの 2012)
・NewYork Times(2012)
・菓子司 末富 京菓子の世界(2011)

コメントを残す

Mark Rothko

少し前の仕事です。数寄屋。玄関横坊主襖。お施主さんからはお任せで、「僕は Mark Rothko が好きでねー。」とボソっと言われていました。いつも以上に薄く溶いた胡粉で線を入れる。一方は墨染後の鳥の子の上から、一方は先に型押しをし、後から上染。これぐらいが丁度いい。墨はいい。「私は Gary Hume が好きでねー。」とボソっと言われるお客様いたらいいな。

あたりまえの存在

毎回毎回楽しみにしていた講演会の最終回です。
2010年9月24日(金)「そこに在るもの」尹煕倉 x 森 桜 x 鞍田崇 @ 総合地球環境学研究所
「大切なことは、特別なことよりも、むしろありふれたことの中にある気がしています。作品からの一方向の主張でなく、観る人の意識に応じて、作品が語りかけたり、時には黙したりしても良いと思うのです。「在ること」と「無いこと」の往還。かえってその方が、人の意識の深いところと繋がることができると思うからです。」 尹煕倉

激しく同意。

1周年

2010年9月1日「かみ添」を立ち上げて1年経ちました。たくさんのお客様とお会いし、たくさんのお客様とお話し、たくさんの事を教えて頂きました。

街から離れた所に工房を持ち、街中のお店に卸すのではなく、自分の空間をつくり、お客様に空間ごと楽しんでもらい、ゆっくりお話する。たぶんこれが、”次の世代” の職人(作り手)のあり方だと思います。たくさんの物が溢れるなか、それらに紛れないで自分の作った「物」を見てもらいたい、だから「場所をつくろう」と。

どこに?
どうやって?
どんな?

それらの事を考えるのは「物」を作る事と同じなのでそこに自分の経験や感覚を集中させて、それごとお客様に感じてもらう。そして話す、というか伝える。

まー実際そんなに難しくは考えていませんが人が集まる場所を作るというのはとても面白く、これが続けばそれはそれは素敵なことだなと思います。本日から2周年へ向けて地道に頑張ります。これからも「かみ添」をよろしくどうぞお願いいたします。

越前03

最後はもちろん大瀧神社/岡太神社へ。紙の神様が祀られています。世界の名建築 100選 にも選ばれている素晴らしい建築です。屋根構造が日本一複雑だそうです。

設計士さん、建築好きの人は是非見に行って欲しいです。そして漉き場を巡り、職人と話し、紙の文化を体験し、和紙の可能性を再発見して、どんどん仕事に取り入れてほしいです。

越前02

越前和紙 : 人間国宝 九代目 岩野市兵衛さんの工房へ。・もっともっと越前和紙の事を知ってほしい。・自分の技術なんてまだまだ。(市兵衛さん語録)・原料を足した後、同じ厚さに漉くのが一番難しい。・Nikonのシャッター音が好き。(Canonは軽すぎるらしい)市兵衛さんの生漉奉書。美しいの一言。漉き上がり直後の和紙の重なりの断片を見るだけで興奮します。100%楮紙。これもなかなか手を入れるのは難しいです。

越前01


福井県越前市へ。言わずとしれた和紙の産地です。今回はあるプロジェクトの打ち合わせの為、幾つかの漉き場を廻りました。「自分が扱う素材を知る事。」とても重要です。(当たり前ですが)手間ひまをかけて漉きあげられた和紙に「化粧」をする。結構な仕事です。和紙(かみ)があっての仕事です。

はやくこのプロジェクトのお知らせをしたい!
近々お伝えできるのでお楽しみに。

日常に豊かさを添える

株式会社マガジンハウス発行
Hanako east No978

p.28「京の逸品」にて紹介されています。写真が大きく1ページ。和紙の耳(喰裂)雲母の流れ(たらし込)の和わらかな雰囲気まで解ります。素敵です。

京都市北区住宅、和室の戸襖。2枚とも同じ戸襖です。角度の違い、反射の違いで雲母が浮かび上がります。

江戸時代、朝の日、昼の日、夕の日、月の灯、に反射した雲母の表情を見て、だいたいの時間を把握していたにちがいない。

パリ03



パリへ商品発送後も幾度かのやり取りが続き、話をしていると色々思い出します。3年前、唐長の展覧会の為ロンドンへ行き、展覧会後、ユロスターでパリへ。(その日はWaterLooからの発着の最終日でした)数ヶ月前、唐長へ行き、11代目当主、11代目内とお話し帰り際、当時の事を思い出しロンドン、パリの話で盛上がりました。「とった写真、CD-Rに焼いて送るよ」と仰って下り、数日後、直ぐに送って下さいました。何百枚もある写真をランダムに見ているとたくさんの事を思い出します。キラキラぶりが尋常じゃない老舗デパート。たぶんもう二度と泊まれないだろうホテル。subwayに乗らず、街中を歩く。まるで映画の中のようなレストラン。全てが素晴らしい経験で、忘れられない思い出です。しっかり身になっています。次のステップへしっかり行動しよう。※添付写真は自分で撮った物です。

紙を折ったり、糸を巻いたり、


以前書いた「糸巻」の行方。少し前になりますが、岡田栄造氏と、織咲誠氏が茶洛のわらび餅片手にご来店。楽しい話ばかりでココには書ききれませんが、織咲さんが蚕を飼っており、自分で糸を紡ぐ際糸巻きがないから苦労すると。「かみ添」に置いていてもオブジェ、飾り物なので、この「糸巻」を使って下さいと贈呈。

↑各パーツの美しいこと、、、。(負のデザインだな)

変な形に梱包。突起部分はハンドル。ファイリングのプロにこんなへなちょこ梱包は恥ずかしい。でもこれはこれで面白い形です。織咲さんはこういう変形梱包の時にダンポールに折り目を入れるori-ta というオリジナルのプロダクトを開発されています。(ori-taがあればどれほど気持ちよく梱包できたか)

和紙


越前より送られてきた四種の和紙。

・楮
・三椏
・雁皮
・麻

とても美しい和紙です。とあるプロジェクトの為に試し染め。各材料の個性を見極めるが難しいです。特に雁皮、これは「くせ者」です。でも「くせ者」であるほどほど美しい。

気分だけでも夏休み。

Asada Akira Academia
マラルメプロジェクト @ 京都造形芸術大学高谷氏のモーショングラフィックに釘付け。

メルボルン在住の友人とハイアット・リージェンシー京都 地下。スーパーポテト設計のTouzan Bar へ。友人はメルボルンで古い住宅(ブロック積み建築)のリノベーションに勤しんでいるそうです。

ココン烏丸 3F shin-bi 後に出来た、kara-Sへ。

子供と京都国際漫画ミュージアムへ。長男、次男は「くれよんシンちゃん」、長男の友達は「ドカベン」自分は「ワンピース」にどっぷりはまる。

東京から友人と上賀茂神社へ。木陰と小川がこの暑さを吹き飛ばします。(写真は御所舎です)

いつもお世話になっている職人さんから、文庫になった片岡義男著、「文房具を買いに」をもらう。

Sally Scott の Nikukyu no.3 購入。

Magazine for Architectual Entertainment 「PIN-UP」ざくざくに切ったレイアウトとBoldのテキスト。カーインングもざくざく。

メープルソープとコレクター DVD鑑賞。メープルソープの写真は完成しきっていて入る隙がない。良いのか、悪いのか解らない。なんでもそうだけど、1歩、2歩、歩み寄れる余白、遊び、空間がある方が個人的には好きです。パティ・スミスのポートレイトは気持ちを引っ張られる。なので結局メープルソープの写真は好きです。というか写真が好きです。