かみ添の仕事

img_8086WORK for ARTIST
・Sandwich(新勝寺ミュージアムグッズ 広島 2016)
・softpad(物質性 – 非物質性 DDD gallery 京都 2016)
・Nadine Ribault(chef-d’œuvre 大阪 2014)
・Nadine Ribault(LIBRAIRIE 東京 2014)
・鹿児島睦(図案展 2013)
・ミヤケマイ(ポーラミュージアム アネックス 2013)
・Marie-Ange Guilleminot(Sevres 2013)
・ミヤケマイ(アクアイグニス 2012)
・須田悦弘(Take Action Charity Gala 2011)

WORK for ARCHITECT
・U.D.S(Hotel Kanra 京都 2016)
・中村好文(ギャラリー柳瀬 京都 2016)
・六角屋(糸井重里事務所 東京 2016)
・Geoffrey P. Moussas(K邸 京都 2016)
・L.V.M計画(K邸 愛知県 2016)
・三角屋(北大路の数寄屋 京都 2015)
・OakVillage(祇園さかい 京都 2015)
・Design Studio GLAM(Leffervescence 東京 2015)
・妹島和世(take action charity gala 2014)
・山田信彦建築設計事務所(T邸 福岡 2014)
・三角屋(気仙沼ニッティングファクトリー 宮城 2014)
・三角屋(tobichi 東京 2014)
・TOU YIU KWONG(T邸 京都 2014)
・辻村久信(T邸 京都 2014)
・辻村久信(CACAO365 京都 2014)
・fhams(東山sodo 2013)
・A.N.D(鶴屋吉信 COREDO室町 2013)
・森田一弥(松原の町屋 京都 2013)
・fhams(bHAN EAST 韓国 2012)
・fhams(祇園葵 京都 2012)
・内藤廣(entrance lounge 京都造形芸術大学 2012)
・金野千恵(向陽ロッジハウス 神奈川 2012)
・馬場徹(茂庵 新潟 2012)
・藤井香織(wa・lance 東京 2012)
・赤坂知也(AQUAxIGNIS 三重 2012)
・柳沢究(紫野の町屋 京都 2012)
・長坂大(山家 京都 2011)

WORK for GRAPHIC
・groovisions(三三屋オリジナルポチ袋 2016)
・smb et smb(sen 日本酒ラベル 2016)
・西岡ペンシル(銀座資生堂オリジナルホリデーカード 2015)
・Veronica Halim(オリジナルステイショナリー 2015)
・pure magenta(Anaak 2016)
・永井裕明(図工展 @ DDD gallery 京都 2015)
・永井裕明(図工展 @ GGG gallery 東京 2014)
・三木建(加加阿365 京都 2014)
・西岡ペンシル(ニュー文様展 @ gallery speak for 東京 2014)
・山口博信(Takeo Desk Daiary 2013)
・八木保(Graphic Eye special edition 2012)
・squeeze(take action charity gala 2011)

WORK for FASHION
・CHANEL(invitation 2016)
・Anaak(invitation 2016)
・BlackCrane(greeting card 2016)
・MARNI(envelope 2015)
・On Aura Tout Vu(invitation 2011)

LECTURE/WORKSHOP
・京の唐紙とむかえるお正月(平和市民公園能楽堂 大分 2016)
・染め司よしおか(京都西陣産業創造会館 2016)
・Satomi Kawakita Jewery (京都嵯峨芸術大学 2016)
・かみ添の仕事 (京都嵯峨芸術大学 2016)
・デザインと文化(名古屋芸術大学 2015)
・木版ワークショップ(旧出合小学校 徳島県 2015)
・可能性の空間(京都精華大学 2014)
・文様にみる写しの文化(Art Lab Ocean 2013)
・和の価値・紙文化・デザイン(日本紙アカデミー 2011)
・日本文化のかたちを考える(ミームデザイン学校 東京 2011)
・日私小連 全国教員夏季研修会(2011)
・デザイン基礎(京都嵯峨芸術大学 2011)
・建築材料演習(京都精華大学 2011)
・添う―紙と暮らしとデザインと(星ヶ丘洋裁学校 大阪 2010)
・伝統工芸演習(京都工芸繊維大学 2010~2016)

EXIBITION/EVENTS
・伝統の未来(日本デザインコミッティ 2016)
・永松仁美の楽しき愛しきお誂え(梅田阪急ギャラリー 2016)
・中田英寿が出会った日本工芸(パナソニック東京汐留ビル 2016)
・伊藤まさこのお正月支度(にっぽんフォルム 東京 2015)
・D design travel 京都展(渋谷ヒカリエ 2015)
・永松仁美の楽しき愛しきお誂え(梅田阪急ギャラリー 2015)
・伊藤まさこの白いもの(秋篠の森 奈良 2015)
・一点展(資生堂THE GINZA 東京2014)
・鹿児島睦の図案展(doinel 東京 2013)
・伊藤まさこの仕事展(gallery yamahon 三重 2013)
・Marie-Ange Guilleminot(Sèvres – Cité de la céramique Paris 2013)
・かみ添展(銀座三越ギャラリー 東京 2012)
・ワキ – モノ(祇園ない藤 青山ディーズホール 東京 2012)
・Mason&Objet Asian talent(Paris 2012)
・光象展(国際奈良学セミナーハウス 2012~2016)
・DESIGNEAST02(大阪 2012)
・中田英寿 現代工芸と出会う 陶と和紙(茨城県工芸美術館 2012)
・Future Tradition WAO(Les Arts Décoratifs Paris 2012)
・春の和モダン & クラフト(日本橋三越伊勢丹 2012)
・Take Action Charity Gala(リッツカールトン 大阪 2011)
・casa Arcade(CIBONE青山 東京 2011)
・日本文化のかたちを考える展(青山ブックセンター 東京 2011)
・ID-company & Washiya Presentano(ATELIER LUCIEN TOURTOULOU Milano 2011)
・NAMBAN incidence(妙心寺 春光院 京都 2010)

EXHIBITION @ KAMISOE
・片桐功敦(桜の挿花展 2016)
・片桐功敦(いけばな小品展 2015)
・Adam Silverman and 叢(プラントとポットの物語 2014)
・Marie-Ange Guilleminot(Nuit Blanche 2014)
・尹煕倉(四角の話 2011)

SHOP/RESTRAINT
・鶴屋吉信(京都高島屋店 2016)
・清水三年坂美術館コレクション(ジェイアール京都伊勢丹 美術館 2016)
・The Yard(東京 2015)
・salon and associates(兵庫 2015)
・黒杉(大阪 2015)
・みくり(京都 2015)
・Aoi Kyoto Stay Hotel (京都 2015)
・このみ園(福岡 2014)
・鶴屋吉信(東京 2014)
・一澤信三郎帆布(京都 2014)
・Kajitsu(NewYork 2013)
・万年青(京都 2013)
・calligrane(Paris 2013)
・土楽窯(三重 2012)
・Papier Labo(東京 2012)
・tortoise (LosAnges 2012)
・kiki (Stockholm 2012)
・Azen(NewYork 2012)
・京天神 野口(京都 2011)
・炭火割烹 いふき(京都 2011)
・Iwata(京都 2011)
・鮎の宿 つたや(京都 2011)

MUSEUM  GOODS
・新勝寺ミュージアム(sandwich 2016)
・京都国立博物館ミュージアムショップ(匠文化機構 2016)
・国立新美術館 SFT(doinel 2014)
・MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド 2014)

MEDIA
・美しき日本に出会う旅(BS-TBS 2016)
・revalue nippon project(東京新聞 2016)
・anan(マガジンハウス表紙 2016)
・中谷美紀の京ものがたり(朝日新聞 2016)
・京都の道具箱(美術手帖 2015)
・Art Grid Kyoto(2015)
・京菓子で巡る都の春(家庭画報 2015)
・美の壺(NHK 2015)
・手のひらのデザイン(京都造形芸術大学 2014)
・プラントとポットの物語(京都新聞 2014)
・日本料理 銀座小十(世界文化社 2014)
・伝統の街に活気(京都新聞 2014)
・ほぼ日手帳(日々の言葉 2013)
・ほぼ日刊イトイ新聞(伊藤まさこの白いもの 2012)
・NewYork Times(2012)
・菓子司 末富 京菓子の世界(2011)

コメントを残す

耳の重なり


薄楮4匁。なかなか表に出る事のない紙です。金を薄くといて微妙に化粧。ほとんど解らないくらい薄く金化粧。そうする事でどこにもない紙になります。湿してアイロンかけて大きなシワを伸ばします。
柾判でこの仕上げを400枚。結構な仕事ですが、たくさんの方に見て頂けると思うと、ちょっと興奮します。いつもの事ですが紙の重なりの断片は「絵的」に好きです。

きもの


京都きものパスポート2010年優待店舗として紹介されています。11/5(金)~11/7(日)は重要文化財 杉本家住宅の一般公開。無料です。この機会に是非。

Casa BRUTUS

マガジンワールド発行 Casa BRUTUS travel 「京都入門」京都デザイン土産にて紹介されています。買いに行きたい30軒の1つに!ありがとうございます。

遠くから見ることで、近くから見る目を養う



Villa-Kujoyama で研究されていた作家さん(小説家)からの注文で化粧した紙。本カバーの為の「緑色の紙」。「緑」といっても幅は限りなく広いし、「緑の紙」なんていくらでもあるのに、手染め、化粧した紙をご注文くださるのは何か理由が有るのでしょう。萌葱色二枚の写真は同じ紙です。角度、反射でこれだけ色が変わります。

渦か雷か



ある方から頂いた版木。以前はベンガラで染めをしていたのだろう。赤い染料がこびりついていました。柔いブラシで染料を洗いおとし、絵の具の引っかかりを良くするため、荒めのサンドペーパーで一度表面を削ります。細かな溝の埃、垢は目つきで掃除し、場合によっては溝をさらに深くします。

感性価値



e・感性価値研究所
の取材をうけました。ダラダラと思っている事をただ話しただけなので、どのように纏めて下さるのか楽しみです。話をすると、想いを言葉にして吐くと自分の考えなどを再認識、再編集できるので話をするのは好きです。
「最近腹が立った事、怒ったことは?」と聞かれ、ん〜っ、何も出てこなかった。実際なくはないけど、だからと言って腹が立ったり、怒ったりはない。やっぱり腹が立つ事はあまりないな。

若い松



来月、あるイベントに参加します。これも早くお伝えしたい。場所がすばらし過ぎます!

凸版の特徴

新しい文様(版木)です。「雲母」を版木から紙に移す時、ベタ面が多いと、絵の具が抜けたり、紙が変に伸びて嫌な凹凸が出来たりします。反対に細い線とか、小さな面の場合は2重摺りに成り易かったり、線と線が接する所に絵の具が溜まり文様がつぶれます。個人的に「この線の太さ摺り易い」とか「このベタ面の割合は雲母が奇麗に盛る」というのがあり、この文様は雲母がとても奇麗に乗ります。触ると気持ちがいい。

図形楽譜

今日「かみ添」店内と同じ仕上げの「無音」制作(京都市内住宅襖)なんだかんだで僕もこれが一番好きです。「音」を可視化したもの。正確にいえば「音のないさま」を可視化したもの。なので実は「雲母」ではなく「胡粉地」がメインなのか?「音」といえばリズムとハーモニー、この仕上げに関して言えばリズムは「雲母」。ハーモニーは「雲母」の中の「たらし込み」。「雲母」の丸は方向(ベクトル)がない。上から下でもなければ下から上でもないし、右から左でもなければ左から右でもない。
リズムを考えると「間」の取り方が大事になってくるので余白を考えると「5つの丸」は実はもう動けない。だいぶ前(ココ)に書きました。図形楽譜の文様作りたい。本日店内音は終日 Nobukazu Takemura です。

溝に溜まった絵の具

ポチ袋の上蓋を閉めた際の本体の斜めの線の入り方が気になり何度か形を変えて完成した「かみ添」のポチ袋です。トムソンで型を抜く際、折線もつけてもらうのですが、金や銀で化粧(刷毛染め)すると、紙が水分を吸収しせっかくの折線が水分でふくらみ、折る時には折線の意味をなしていない。さらにポチは触れるものなので出来るだけしっかり金、銀を定着させる為、顔料に澱粉系の糊をまぜる。固めの絵の具が折線に溜まり紙を折る時に剥がれる。ただ単純に物を作っている訳ではなく、紙と水と糊と具の関係を自分なりに理解し「ここのバランス面白いなー」と気がつくと仕事が格段と面白くなります。

摘草料理

明日、9月11日 (土) 銀座三越12Fに京都・花脊「美山荘」四代目当主、中東久人さんのお料理をお楽しみ頂ける店「石楠花」(しゃくなげ) がオープンします。和室、入口戸襖を制作しました。墨染の真っ黒な鳥の子に薄ら無音。不規則な格子と土壁。墨の鳥の子、面白い組み合わせです。東京へ行ったら是非伺いたいお店です。

カミソエ(言葉とリズム)

理想の詩 2010年 秋 「言葉とリズム」特集タイトルだけで一気に読みました。
日本語のリズムの基本は八音。二音を二乗した四音。カタカナ表記の略語や、オノマトペは圧倒的に四音語が多い。
・アメリカンフットボール = アメフト・ラジオコントロール = ラジコン・ワンワン・キラキラ・国際連合 = 国連・天ぷらどんぶり = 天丼。なるほど。これは屋号を決める時などに役にたちそうです。・カミソエ ←四音!・カドコウ ←四音!これは日本人に染み付いた言葉のリズムにあってる。でも日本語の「リズムカルな文の王座」に君臨しているのは七音、五音。なぜ?それは理想の詩を読んで下さい。