かみ添の仕事

img_8086WORK for ARTIST
・Sandwich(新勝寺ミュージアムグッズ 広島 2016)
・softpad(物質性 – 非物質性 DDD gallery 京都 2016)
・Nadine Ribault(chef-d’œuvre 大阪 2014)
・Nadine Ribault(LIBRAIRIE 東京 2014)
・鹿児島睦(図案展 2013)
・ミヤケマイ(ポーラミュージアム アネックス 2013)
・Marie-Ange Guilleminot(Sevres 2013)
・ミヤケマイ(アクアイグニス 2012)
・須田悦弘(Take Action Charity Gala 2011)

WORK for ARCHITECT
・U.D.S(Hotel Kanra 京都 2016)
・中村好文(ギャラリー柳瀬 京都 2016)
・六角屋(糸井重里事務所 東京 2016)
・Geoffrey P. Moussas(K邸 京都 2016)
・L.V.M計画(K邸 愛知県 2016)
・三角屋(北大路の数寄屋 京都 2015)
・OakVillage(祇園さかい 京都 2015)
・Design Studio GLAM(Leffervescence 東京 2015)
・妹島和世(take action charity gala 2014)
・山田信彦建築設計事務所(T邸 福岡 2014)
・三角屋(気仙沼ニッティングファクトリー 宮城 2014)
・三角屋(tobichi 東京 2014)
・TOU YIU KWONG(T邸 京都 2014)
・辻村久信(T邸 京都 2014)
・辻村久信(CACAO365 京都 2014)
・fhams(東山sodo 2013)
・A.N.D(鶴屋吉信 COREDO室町 2013)
・森田一弥(松原の町屋 京都 2013)
・fhams(bHAN EAST 韓国 2012)
・fhams(祇園葵 京都 2012)
・内藤廣(entrance lounge 京都造形芸術大学 2012)
・金野千恵(向陽ロッジハウス 神奈川 2012)
・馬場徹(茂庵 新潟 2012)
・藤井香織(wa・lance 東京 2012)
・赤坂知也(AQUAxIGNIS 三重 2012)
・柳沢究(紫野の町屋 京都 2012)
・長坂大(山家 京都 2011)

WORK for GRAPHIC
・groovisions(三三屋オリジナルポチ袋 2016)
・smb et smb(sen 日本酒ラベル 2016)
・西岡ペンシル(銀座資生堂オリジナルホリデーカード 2015)
・Veronica Halim(オリジナルステイショナリー 2015)
・pure magenta(Anaak 2016)
・永井裕明(図工展 @ DDD gallery 京都 2015)
・永井裕明(図工展 @ GGG gallery 東京 2014)
・三木建(加加阿365 京都 2014)
・西岡ペンシル(ニュー文様展 @ gallery speak for 東京 2014)
・山口博信(Takeo Desk Daiary 2013)
・八木保(Graphic Eye special edition 2012)
・squeeze(take action charity gala 2011)

WORK for FASHION
・CHANEL(invitation 2016)
・Anaak(invitation 2016)
・BlackCrane(greeting card 2016)
・MARNI(envelope 2015)
・On Aura Tout Vu(invitation 2011)

LECTURE/WORKSHOP
・京の唐紙とむかえるお正月(平和市民公園能楽堂 大分 2016)
・染め司よしおか(京都西陣産業創造会館 2016)
・Satomi Kawakita Jewery (京都嵯峨芸術大学 2016)
・かみ添の仕事 (京都嵯峨芸術大学 2016)
・デザインと文化(名古屋芸術大学 2015)
・木版ワークショップ(旧出合小学校 徳島県 2015)
・可能性の空間(京都精華大学 2014)
・文様にみる写しの文化(Art Lab Ocean 2013)
・和の価値・紙文化・デザイン(日本紙アカデミー 2011)
・日本文化のかたちを考える(ミームデザイン学校 東京 2011)
・日私小連 全国教員夏季研修会(2011)
・デザイン基礎(京都嵯峨芸術大学 2011)
・建築材料演習(京都精華大学 2011)
・添う―紙と暮らしとデザインと(星ヶ丘洋裁学校 大阪 2010)
・伝統工芸演習(京都工芸繊維大学 2010~2016)

EXIBITION/EVENTS
・伝統の未来(日本デザインコミッティ 2016)
・永松仁美の楽しき愛しきお誂え(梅田阪急ギャラリー 2016)
・中田英寿が出会った日本工芸(パナソニック東京汐留ビル 2016)
・伊藤まさこのお正月支度(にっぽんフォルム 東京 2015)
・D design travel 京都展(渋谷ヒカリエ 2015)
・永松仁美の楽しき愛しきお誂え(梅田阪急ギャラリー 2015)
・伊藤まさこの白いもの(秋篠の森 奈良 2015)
・一点展(資生堂THE GINZA 東京2014)
・鹿児島睦の図案展(doinel 東京 2013)
・伊藤まさこの仕事展(gallery yamahon 三重 2013)
・Marie-Ange Guilleminot(Sèvres – Cité de la céramique Paris 2013)
・かみ添展(銀座三越ギャラリー 東京 2012)
・ワキ – モノ(祇園ない藤 青山ディーズホール 東京 2012)
・Mason&Objet Asian talent(Paris 2012)
・光象展(国際奈良学セミナーハウス 2012~2016)
・DESIGNEAST02(大阪 2012)
・中田英寿 現代工芸と出会う 陶と和紙(茨城県工芸美術館 2012)
・Future Tradition WAO(Les Arts Décoratifs Paris 2012)
・春の和モダン & クラフト(日本橋三越伊勢丹 2012)
・Take Action Charity Gala(リッツカールトン 大阪 2011)
・casa Arcade(CIBONE青山 東京 2011)
・日本文化のかたちを考える展(青山ブックセンター 東京 2011)
・ID-company & Washiya Presentano(ATELIER LUCIEN TOURTOULOU Milano 2011)
・NAMBAN incidence(妙心寺 春光院 京都 2010)

EXHIBITION @ KAMISOE
・片桐功敦(桜の挿花展 2016)
・片桐功敦(いけばな小品展 2015)
・Adam Silverman and 叢(プラントとポットの物語 2014)
・Marie-Ange Guilleminot(Nuit Blanche 2014)
・尹煕倉(四角の話 2011)

SHOP/RESTRAINT
・鶴屋吉信(京都高島屋店 2016)
・清水三年坂美術館コレクション(ジェイアール京都伊勢丹 美術館 2016)
・The Yard(東京 2015)
・salon and associates(兵庫 2015)
・黒杉(大阪 2015)
・みくり(京都 2015)
・Aoi Kyoto Stay Hotel (京都 2015)
・このみ園(福岡 2014)
・鶴屋吉信(東京 2014)
・一澤信三郎帆布(京都 2014)
・Kajitsu(NewYork 2013)
・万年青(京都 2013)
・calligrane(Paris 2013)
・土楽窯(三重 2012)
・Papier Labo(東京 2012)
・tortoise (LosAnges 2012)
・kiki (Stockholm 2012)
・Azen(NewYork 2012)
・京天神 野口(京都 2011)
・炭火割烹 いふき(京都 2011)
・Iwata(京都 2011)
・鮎の宿 つたや(京都 2011)

MUSEUM  GOODS
・新勝寺ミュージアム(sandwich 2016)
・京都国立博物館ミュージアムショップ(匠文化機構 2016)
・国立新美術館 SFT(doinel 2014)
・MMM(メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド 2014)

MEDIA
・美しき日本に出会う旅(BS-TBS 2016)
・revalue nippon project(東京新聞 2016)
・anan(マガジンハウス表紙 2016)
・中谷美紀の京ものがたり(朝日新聞 2016)
・京都の道具箱(美術手帖 2015)
・Art Grid Kyoto(2015)
・京菓子で巡る都の春(家庭画報 2015)
・美の壺(NHK 2015)
・手のひらのデザイン(京都造形芸術大学 2014)
・プラントとポットの物語(京都新聞 2014)
・日本料理 銀座小十(世界文化社 2014)
・伝統の街に活気(京都新聞 2014)
・ほぼ日手帳(日々の言葉 2013)
・ほぼ日刊イトイ新聞(伊藤まさこの白いもの 2012)
・NewYork Times(2012)
・菓子司 末富 京菓子の世界(2011)

コメントを残す

柿渋

柿渋染め。1Fは土間で涼しく仕事にはもってこい、けど濃度の濃い渋を使うので匂いが充満する。2Fは蒸せるような暑さ、クーラーをいれたいけどクーラーをいれると直ぐ乾き、紙がパリパリになる。2F工房で、部屋中ムンムン柿渋の匂いをさせての仕事。この匂いを嫌がる人が多いけど、自分は大丈夫。柿渋の匂いは全然大丈夫。(ちなみに漆もかぶれない、天然素材を扱う仕事は実は天職?)先斗町、割烹料理屋の屏風の張り替えです。少し工夫をした「染」なので納まり見るのが今から楽しみです。

紙屋巡り

先日の打ち合わせの流れでお客様と京都めぐり。

老舗の旅館、
老舗の紙屋、
祇園の紙屋、
祇園のギャラリー、
誰もが知ってる本屋、
スウェーデンの建築家が立てたcafeへ行きました。一緒に居るだけでとても楽しい。単純に楽しい。明日から直島へ行かれるらしい。大先輩なお客様、お話の中で、セルジュ・ゲンズブールは〜スーザン・ソンダクは〜ラース・フォン・トリアーは〜などなどお客さまの話にのめり込む一日でした。無理をしてでもパリへ行くべきか、、、。

紙の強さと繊細さ

雲母引の鳥の子。和紙独特(雲母地)の優しさを少しなくした、力強い仕上がりです。とうてい紙には見えないです。(いいのか悪いのかは別として)紙口の陰(実は陰ではない)力強さとは

紙の厚み、
グリッドの正確さ、
細かな処理の精密さです。

是非実物を見てほしい。これは空間を選ばないだろう。空間、人を選ばない化粧を考えたいです。

HP


ホームページができました。
写真はサンフランシスコの大学の同級生Tomoko Kawai さんにとってもらいました。
HP下にphoto galleryがあり、ほんの少しですが施工例をご覧いただけます。

サクラダ・ファミリア

外尾悦郎「ガウディと未来」@ 京都嵯峨芸術大学母校です。こんな機会はめったにないと、予定急遽変更し嵐山へ。京都にはたくさんの芸術大学があり、東にある学校は活発ですが西に位置する嵯峨芸術大学はさすがに渋いです。(良い意味で)サクラダ・ファミリア聖堂 主任彫刻家

・今作っているサクラダ・ファミリアはガウディのサクラダ・ファミリアではない
・ガウディを見るのではなく、ガウディの見ていた方向を見る
・使えば使うほど出てくるエネルギー
・疑問のない答えは意味がない

講義室から出られる時「握手」をしました。重くて強い。自分の手とは対照的でした。11月に2回目開催予定とのこと。もちろん聞きにいきます。

フスマ

東京、飲食店、和室入口戸襖。墨染、小判張り。光道コントロール可能な照明が使われるらしく襖が納まっ「空間」としての仕上がりが楽しみです。襖になって、灯りがあたり、人にみられ、触られて、” 使われて “やっと完成です。一材料のようで、完全別注。製品でもなければ作品でもない「かみ添」の紙が色々な場所に納まっていくのは感動です。ありがたい。設計士さんと仕様を決め、表具師さんに張ってもらう。自分の仕事は「カミ」に化粧をする事です。


工房へ行く途中にある町屋。
竹暖簾が素敵過ぎて。

「細竹」涼しい。

ご案内

お客様からのご案内。NHK あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑「かみ添」で扱わせて頂いている出西窯の職人さん、「陶工」の仕事が紹介されます。今日(7月9日 19:30〜)です。

毎度の事ですが、「暮らしに寄り添う」三谷龍二 @ 総合地球環境学研究所「もっと単純な仕方で、僕たちは生きていける。」化粧をした紙は贅沢なものなのかもしれませんね。

若手職人

午前中、hanako east の取材。京都の若手職人特集。作り手の次の世代、もう一歩上前に進みたい。8月発売予定です。

一緒に造る

墨と金。風呂先になります。お茶の先生からのご注文です。「選ぶ」というより「一緒に造る」そういうスタンスでいたいと思います。お客さまの特別な紙を造ります。

糸巻

鞍馬口通り「かみ添」のお迎えに西陣織の工房があります。トラックに色々な道具が詰め込まれており(捨てられていく道具、、、)その中から「糸巻」を頂きました。この重量感。紙と木と鉄はよくあいます。

鯰と鰻

祇園花見小路にある元お茶屋 津田楼。家紋はナマズとウナギからなる二巴。ユーモアたっぷりでかわいらしい巴紋です。版木から準備しオリジナルのペーパーアイテムを制作しました。全ての和紙にまず薄金で化粧(具引)をし胡粉で摺る。落ち着いた仕上げですが、灯りが反射すると表情が大きく変わります。津田楼さんだけでのお取り扱いになるので、京都へ起こしの際は是非お立ち寄りください。(建仁寺北側、歌舞練場西側です)

先日、津田楼文化SALONにて黒川雅之氏による講演会。

・曖昧な中間領域が美しい

「雲母の反射」「たらし込み」「手染めの刷毛後」それと「間仕切り」って正にそういう物だ。とても面白い講演会でした。